メニュー

canonicalは自動で付与

アンプレートは、プラグインを使わなくても自動でcanonicalを付与します。

canonicalとは?

canonicalとは、正式なURLを検索エンジンに伝えるためのタグです。要するに、「これが本物(元)のページですよ」と検索エンジンに伝えるタグのことです。

canonicalタグを入れておかないと、例えばあなたのページの内容を誰かにコピーされた時。検索エンジンはどっちが本物かわからなくなってしまいます。

すると、場合によってはあなたのページが類似ページ。つまり、ニセモノと判断されて、ページの評価が下がってしまうことがあるのです。

こういった問題を防ぐのがcanonicalタグです。

アンプレートはcanonicalを自動で付与します

アンプレートは、記事を更新するだけで自動でcanonicalタグを付与します。

SEO対策として有名なプラグインでAll in One SEO Packがありますが、All in One SEO Packを入れてしまうと、逆にcanonicalタグが重複してしまいます。そのため、必要ありません。

アンプレートは、極力プラグインを使わなくても良いように設計されています。